FC2ブログ

RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

読書感想文で賞をもらったことはない

2014.05.06 Tue
 初めまして、二年の田浦ぼたです。
 さて、「記憶に残る作品」をテーマに記事を書けとのことですが、
 この手の文章を書くのが死ぬほど苦手なのでちょっと困っています。
 読書感想文の宿題をやっている気分です。
 GW最終日ですし、なんだか宿題が終わらない子っぽい。

 本題に入ります。記憶に残る作品は色々ありますが、私は『プラダを着た悪魔』が
 まっさきに思い浮かびました。映画の方です。仮にも文芸同好会の会員なわけですし
 小説の方を挙げるべきなんでしょうが、読んでないので仕方がありません。
 あらすじは検索すればすぐ出てくると思うのでそちらをご覧ください。
 どうしようもないまとめ方をすれば、横暴な上司の元で働くことになった女性の話です。
 パワハラ。
 「上司にそんなこと言われたら心折れるやろ……」
 「いや、そこで反抗しちゃあかんやろ……」と前半は胃が痛くなる内容ですが、
 ファッション雑誌の編集部が舞台なのでとにかく画面が華やかで魅力的なのです。
 オシャレに無頓着だった主人公がだんだんと垢ぬけていくのも、シンデレラ・ストーリーの
 ようで心ときめきます。この作品に限らず、画面が華やかな映画には惹かれます。
 趣味程度とはいえ文章を書く者として、視覚的な美しさを上手く文章で
 表現したいのですが、技量が足らないようで平凡な表現になってしまうのが悩みです。
 むずかしい。

 ……文章にまとまりがありませんね!
 でも、いい映画なので観ていない方はぜひご覧になってください。
 田浦ぼたでした。



Category:映画 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<どことなく構造が村上春樹の「ノルウェイの森」に似ている気がする 阪井冬 | HOME | 絵本と児童書、文庫本 岩崎青>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://tgubd.blog82.fc2.com/tb.php/432-b336e160

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。