FC2ブログ

RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

色による認識 詩雨

2012.10.18 Thu
初めましての方初めまして!←多分居ない
また見てくれた方は嬉しいです!
思った以上に日常に疑問を感じていない詩雨です。

さて、そんな私がふと疑問に思った案件というのは、
「イメージする色がなんか似通う」ということ。
例えば主要五科目。
某社から発売されているノートは「赤、青、黄、緑、紫」の五色だったりしますが、
なんとなーく、赤を国語、青を算数……という風に使っていた方は多いんじゃないでしょうか?
我が家では、塩は青いフタの小瓶、胡椒は赤いフタの小瓶に入ってたりします。
なので、某パンダの顔が書いてある赤いフタの塩小瓶がどうにも違和感でなりません。
私の恩師である先生に、こんなことを言う先生がいました。
「男が青、女が赤なんて誰が決めた!だから俺はあえて逆を行く!!」
今考えればこれも結構無茶苦茶な気がしますが、師の言う通り、数年後にはカラーバリエーション豊富なランドセルが発売されました。

さてさて、この色による認識がどうしてそうなのか、と論じれば立派な小論文なのですが、かしこまった文章を書くのはどうにも苦手なので、気になった方は自分で調べてみてね♪
と、いうことで体験版はここまでです。どうも、詩雨でした。

Category:はじめに | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<白田と食事 | HOME | なんとかは足元からと言いまして。>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://tgubd.blog82.fc2.com/tb.php/413-feeb8a44

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。