FC2ブログ

RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

「穴あき」達

2012.09.13 Thu
こんにちは。白田 黒夫です


今回は「日常の~」というテーマでしたので、とりあえず身近なもので興味を引いたものを取り上げていきます。


取り上げるものは、硬貨。それも、「穴あき」限定。なんだか漫画とかでよくある異名のような響きですが、これについて少し語ります。


「穴あき」として扱われる硬貨は、2つ。50円玉と5円玉。


かゆいところに手が届くような存在ですが……


これの横側のデザインを考えた人は、一体何を考えていたのか……? かなり疑問です。


ゲームセンターで100円を取り出そうとした時。100均で一つ買い物をした時。色んな場面で、これらのデザイン――横から見るとその二倍の価値を持つ硬貨と似てる――に騙されたことはありませんか? 私はかなり騙されます。


一応、5円と10円は色が違かったり50円と100円は微妙にサイズが違かったりするのですが……何故微妙にサイズを変えるだけなのだっ……! ギザギザをなんとかせい、ギザギザをっ……! 財布に入ってる状態は大体横だろうっ……?


ネットで調べていたら手触りで判別する方法もあるようで、それを考慮(ギザギザの有無や大きさ、穴など)したのでしょう。しかし目で見る方が情報が早く、正確と思うのですが……そこら辺もまったく謎です。小銭入れの親玉にして差別的要素の塊・500円玉を見習ってほしいものです。


結論を言うと……どこからでもパッと見で分かるようにすればよかったのに、という話です。


以上。白田 黒夫のどうでもいい愚痴でした。これを書く前に50円玉に2回も騙されたので、なかなか苛立ちのこもった見苦しいものが書けました。こんな愚痴に最後まで付き合っていただき、ありがとうございました。そしてすいません。

Category:その他 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<自分はドコモを使っています。 | HOME | 夏にふさわしいが、実際に体験すると汗が流れるもの>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://tgubd.blog82.fc2.com/tb.php/409-0025e02a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。