FC2ブログ

RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

語感と白田

2012.07.05 Thu
 こんにちは。白田 黒夫です。


 さて。今回のブログは、かなり内容に悩みました。「菓子パン」について熱く語ろうかとか、ゲームセンターのゲームの魅力についてなど、ものすごく下らないものからろくに考えを持ってないものまで候補にしてしまうほど……


 しかし、文芸同好会、ということで文字にまつわる話をと思い……白田の「語感」に対する姿勢について、カミングアウトをしようと思いますが……
 正直、よく分からない内容になること覚悟で書きます。捨て身です。


 自分は、たまに「これの語感、いいなあ」とか思ってしまうという性質を持っています。
 それだけならまだ普通かもしれませんが、その単語が何故響きがいいのか、一文字一文字分解したり、組合せによる相乗効果を考えてしまうということをしては、勝手にその単語を気に入ってしまう……という感じ。文字の語感について、適当に、なおかつ感覚に頼って考えるのが、好きなのです。これは貧弱な響きだなあ、とか、この母音だとこういう感じに聞こえるとか、これはこういう作りになってるから力強く聞こえるのか、とか。


 はい、かなり意味不明だと思います。この感覚について友達に話すと、記憶にある限りではほとんど「いや、分からないから」といった感じです。
 そんな疎外感を味わいながらも、自分は語感というものを考えるのが好きなままで、勝手に楽しんでいます。また、タイトルにはありませんが、語感だけではなく「ひらがな」も好きだったりします。ほとんどどの単語でも、ひらがなにした途端に貧弱な見た目にしてしまう、という点で。


 こういった奇妙で密かな楽しみを持ってる人はかなり少数派だと自分では思っていますが……語感の良さについて考えるという感覚についてほんの少しでも共感していただければ、大変嬉しいです。それに関しては完全に孤立状態なので……


 以上、白田 黒夫でした。


 ……我ながら変なものを書いてしまった……。夜のせいにしよう。うん、夜のせいだ。



Category:その他 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<不思議←漢字を習った当時は何故だか難しく感じました | HOME | ギャンブルは誰のもの?>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://tgubd.blog82.fc2.com/tb.php/401-82385bd3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。