FC2ブログ

RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

1+1? そんなの「田」に決まってるジャマイカ 高橋光太

2012.02.24 Fri
 今日自分の部屋に入ったとたん、そこがどこなのか急に分からなくなり、半分泣きながらしゃがみこんでしまった高橋光太です皆さんこんばんは。
 最近階段ののぼり方を忘れたりバスに乗ったと思ったら次で降りてしまったりと、ちょっとドジっ子になっていますが頭のほうは大丈夫ですよ、多分。

 さて、今日の七時のNHKで興味深いニュースをやっていました。「今の大学生の数学力について」。大学生の24%が平均の意味を正しく理解できていないという。びっくりだなぁ、と思いながら聴いていた自分も、ぶっちゃけそんな世代の一人なわけなんですよね。
 中高一貫校だったので受験はなく、大学も推薦で入ってしまったので、数学は基礎クラスで高一までしか取りませんでした。英語が苦手なくせに「自分、文系っス」と言い張った結果です。そのためテレビの内容を笑ってはいられない。
 出題された問題自体は小中学生で習うものだったそうですが、全問正答者はわずか1.2%。しかしそんなことはどうでも良い。私が気になったのは、それを「ゆとり世代だから」の一言でくくられたことです。ゆとり教育真っ只中を育ってきたものとして言いたいことはたくさんありますが、ささかまを食べていて口の中がいっぱいなので、今日のところは見逃しといてやるよ、とか言ってみたり。ただ単にボキャブラリーがないだけです。まあ一つ皮肉を言うなら、



「あれ、政治家の皆さんもゆとり教育仲間ですか? m9(^Д^)プギャー 」



 数学といえば。
 高校で、面白い先生に出会いました。春季講習で、二日間しか授業を受けることがなかったのですが、これがまあ私以上にネガティブな方でして、

「みんなには、今日はこの公式を覚えて帰ってもらいたい。先生の名前とか顔とか、先生の授業を受けた事を忘れてもいいから、この公式だけは忘れないで」

「こういう難しい応用問題とかやると、分からないからすぐ数学嫌いになっちゃう子が多いんだけど、解ければきっと面白いから。こんな問題出してくる先生のことは嫌いでもいいから数学のことは嫌いにならないで」

 ほほう、面白いことを言う先生だなと思いながら、私はプリントの端に河童を描いていました。そのときの公式? もちろん覚えていませんよ。台詞のほうが印象的過ぎてすっぽ抜けました。しかし数学は、敬遠しているだけで嫌いではありませんから、先生の言葉はあながち破られてはいないのです、はい。



Category:その他 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<インターバル的に取りとめもないこと語ります。詩雨 | HOME | 朝市を駆け抜ける  なってくる>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://tgubd.blog82.fc2.com/tb.php/390-e2bbd6c0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。