FC2ブログ

RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

皮付き櫛切りオレンジを、手を汚さず綺麗に食べれられる人を尊敬する

2011.11.26 Sat

はい、というわけで犬ヶ見です

こんな噂を知っていますか?

Wikipediaは6回リンクをたどれば

どんな記事にも辿り着ける

らしいです

それを利用し、局所的に流行っているのが

『いかに少ない回数でどの記事からどの記事まで飛べるか』という遊び

これがWikiレースというわけです


おそらく出てくるだろう質問に、先に答えておきましょう

Q:この企画と文芸の関係は?

A:ありません。しいて言うなら、小説を書く上で重要な要素の一つ『知識』の幅を広げつつ、遊びも取り入れて見ました
  と無理やり解釈することも可能かもしれません
  
Q:Wikipediaにのってることが正しいという確証は無いのでは?

A:ありません。ですがWikipediaの最大の利点は、記事の正確さというよりは、記事の多様性と新鮮さ、そして知識の繋がりを構造的に把握できるというところではないかと犬ヶ見は考えます

Q:オレンジを上手に食べれたことありますか?

A:ありません。


本編ことWikiレースは続きを読むで






それではいきましょうWikiレース
スタートは『文学』
リンクをたどる回数は四回ということで

『文学』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E5%AD%A6

 ↓ 一回目 1.1 不明確な定義  の項より

『哲学』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%93%B2%E5%AD%A6

 ↓ 二回目 3.1 哲学の対象・主題 の項より

『神』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E

 ↓ 三回目 5 自然科学との関係 の項より

『火薬』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%AB%E8%96%AC

 ↓ 四回目 3.2 破壊用の火薬 の項より

『トンネル』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB



ということで、終着記事はトンネルです

トンネルといえばですね
ご存知の方も多いと思いますが、宮城県七ヶ浜町に
飛ヶ崎トンネル
というトンネルがありまして

犬ヶ見は友人達とそこへ行こう行こうと話をしつつ、行くことが出来ません
いえ、行くことはできても、通り抜ける勇気がありません
それはなぜか

トンネルというからには、地中に道があるわけなんですが
そのトンネルは墓地の下を通っているんですよ

墓地言えば、当然お墓があって、その下には死者が眠っている訳で、そこを通るトンネル

それなんて古事記?

簡単に、黄泉比良坂を通り根堅州國へ向かうイザナギの気分が味わえます

さらに恐ろしいのがその脇にある名称不明のトンネル
こちらも墓地の下を通っているのですが、
看板にこう書かれています

「私有地につき棺桶の通り抜けは禁ずる」

笑えません
ちなみに筆者は漁協の方らしいです


有名な八木山橋に隠れた、宮城のもう一つの穴場を

気になった人は一度訪れてみるといいと思います

相変わらず、
この記事に書かれたことを実際に行った場合、その際に生じたいかなる損害に対しても犬ヶ見は責任を負いかねます
Category:文祭 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<トロイの木馬とか普通引っかからねえよなあ  煌 | HOME | 散歩 乃木無人>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://tgubd.blog82.fc2.com/tb.php/380-be058afd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。