FC2ブログ

RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

真っ白になった記憶  煌

2011.11.22 Tue
どうも、お久しぶりな煌です。随分長いことこちらで書いていなかったのですが、今回は文祭ということで、久しぶりに筆を取った次第であります。さて、ではテーマに沿って、「実体験に一つだけ嘘を混ぜた話」というものを書かせていただこうと思います。くだらないお話ではありますが、少しでもお楽しみいただければ幸いです。



……丁寧な口調、疲れるなあ(ボソッ



では、はじめましょう。
あれは、私が小学生の頃でした。当時私が通っていた小学校はとても規模が小さく、クラスは各学年に一つ。しかも、それぞれのクラスの人数もばらばらで、私が在籍していたクラスは三十人にも満たない程でした。まあ、その分関わりは深かったですが。
そんなこんなで、少ない人数ながらも楽しく学校生活を送っていたある日、事件が起きてしまったのです。その日、私は給食当番として仕事をこなしていました。他の学校のことは分かりませんが、私の学校では一週間ごとに給食当番を交代し、それぞれの白衣を次の当番へと引き継いでいく、というシステムで、ちょうど自分の担当が終わる日だったかと思います。当時の私は給食当番があまり好きではなく(理由は残念ながら覚えておりません)、少し浮かれていました。それはもう、自分の白衣入れ(白衣を入れる袋)を振り回すくらいは。自分の役目を無事終えたと思っていた私は、白衣をしまって廊下にある荷物かけに向かっている間、勢いよく白衣入れを振り回していました。
そして悲劇は、廊下で起こってしまったのです。皆さんにも覚えがあるでしょうか。小学校には各教室の前に、消火器が置かれているということに。私の学校では廊下側の柱(一部壁がせり出している部分。正式名称は不明)に取り付けてあり、有事の際は金具を外して使用するというものでした。……皆さん、もうお気づきになったことでしょう。そう。私はあろうことか、その消火器に、勢いよく振り回していた白衣入れを、思いっきりぶつけてしまったのです。ぶつけてすぐに、私は血の気が引いていく音を人生で初めて聞きました。慌てて辺りを見回すと、幸い目撃者は存在せず(この時点で)消火器にも異常が見られなかったため、私は何事もなかったかのように教室へと戻りました。しかし、みんなで給食時間を楽しく過ごしていたときに、異変が起きました。ゆっくりと、白い煙が教室を漂いはじめたのです。先生やみんなが慌てている間に煙はどんどん教室内に充満していき、ついには教室内で煙幕が炊かれたかのような惨状へと変貌してしまいました。先生もようやく再起動したのか、慌てて私たちを教室外へと避難させ、自分は原因を確かめた後、校長(正直この辺りは記憶が曖昧なのでよくわかりません)へ報告に向かいました。原因は言うまでもなく、消火器です。どうやら自分が与えた衝撃でどこかが緩んでしまったらしく、最初はゆっくりと、だんだん勢いをつけて中身が吹き出てきてしまったのです。この事件はすぐさまクラスで犯人探しがスタートしました。先生に問われるまでもなく犯人は自分なのですが、中々名乗り出ることが出来ず、結果、クラスのみんなには迷惑をかけてしまいました。このときのことは本当に申し訳なく思っております。ちなみに、ちゃんと後日先生には直接謝罪を行いました。許してくださった上に、クラスのみんなには黙っていてくれた先生、真にありがとうございました。

さて、これで私の「身も心も真っ白になってしまったよ」事件は終了です。最後まで読んでくださった画面上の貴方に、心より感謝を。少しは楽しんでいただけたでしょうか? ちゃんと嘘は仕込みました。まあバレバレかもしれませんが、お時間がある場合はお探しになってもいいかと思います。では、また機会がありましたらお会いしましょう。

Category:文祭 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<自分がロリコンじゃないかと気になったら銭湯にでも行けよ 平田東正 | HOME | バイト先での実体験>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://tgubd.blog82.fc2.com/tb.php/377-2855ddd0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。