FC2ブログ

RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

感情 平田東正

2011.04.30 Sat
 どうも平田です。
 今回は、「感情」をテーマに書きます。

 感情表現は小説の中で非常に大きなウェイトを占めています。もちろん、設定や発想やストーリーも重要ですが、小説は人を描く事で発展してきた芸術ですから、感情表現を疎かにする事はあり得ません。
 そして、千差万別・十人十色な感情を表現する手法として、小説は非常に優れています。なぜなら、文章は主観を排除しやすい表現手法だからです。つまり、絵画や音楽は人によって受け取り方が大きく変わりますが、文章はこれらと比べて、受け取り方が大きく変わる事はあまりありません。逆に言えば、小説は絵画や音楽に比べて、制約の多い表現手法と云う事になります。

 試しに、感情を表す言葉をいくつか、手持ちの『新明解国語辞典』(三省堂)で調べてみました。
 「愛」=個人の立場や利害にとらわれず、広く身のまわりのものすべての存在価値を認め、最大限に尊重して行きたいと願う、人間本来の暖かな心情。
 「羨む」=望ましい相手の状態を見て自分もそうなりたいと思う(が、そうなれなくて不満に思う)。
 「嬉しい」=自分の欲求が満足されたと感じて、その状態を歓迎する気持ちだ。
 「怒る」=がまん出来なくて、不快な気持ちが言動に表れた状態になる。
 「恐ろしい」=それに近づくと(それが身近に現れると)、無事に済みそうもないと思われて、避けたいと思う感じだ。
 「悲しい」=(不幸に会った時など)取り返しのつかない事どもを思い続けて泣きたくなる気持ち(絶望的な感じ)だ。
 「哀しい」=悲しい環境にある主人公の気持ちに共感される様子だ。
 「苦しい」=肉体的・精神的にがまん出来ない状態が続き、出来るだけ早くそれから抜け出したい気持ちだ。
 「寂しい」=自分と心の通いあうものが無くて、満足出来ない状態だ。
 「楽しい」=充足感が味わえるものとして、その状態を積極的に受け入れたい、出来る事ならそれを持続したい気持ちだ。
 「憎い」=相手(の存在)がたまらなくいやで、出来るなら抹殺したいくらいだ。
 「恥ずかしい」=(世間慣れがしなかったり、劣等感を強く持ったり、ぐあいの悪い事が有ったりして)人前に出る(で何かする)のがためらわれる気持ちだ。
 「喜ぶ」=よい事に出会って非常に満足し、うれしい(ありがたい)と思う。

 長くなるしここら辺で。何か、「愛」と「憎い」が異様に力が入った記述ですねw。こうやって同じグループの言葉を辞書で調べて行くと、意外と面白い発見があるのでお勧めします。 
  
 個人的には、最近、「悲しいから泣くのではなく、泣くから悲しくなるんだ」と云う問題提起にすごく興味があります。いつか書いてみたいと思っています。

 以上、平田がいつものように持論をぐだぐだと述べました。読んで下さった方はありがとうございました。


Category:小説 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<たがための大空なのか  上宮穂高 | HOME | ただ言いたいことを書くだけ 煌>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://tgubd.blog82.fc2.com/tb.php/347-84557d71

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。