FC2ブログ

RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

読書感想文で賞をもらったことはない

2014.05.06 Tue
 初めまして、二年の田浦ぼたです。
 さて、「記憶に残る作品」をテーマに記事を書けとのことですが、
 この手の文章を書くのが死ぬほど苦手なのでちょっと困っています。
 読書感想文の宿題をやっている気分です。
 GW最終日ですし、なんだか宿題が終わらない子っぽい。

 本題に入ります。記憶に残る作品は色々ありますが、私は『プラダを着た悪魔』が
 まっさきに思い浮かびました。映画の方です。仮にも文芸同好会の会員なわけですし
 小説の方を挙げるべきなんでしょうが、読んでないので仕方がありません。
 あらすじは検索すればすぐ出てくると思うのでそちらをご覧ください。
 どうしようもないまとめ方をすれば、横暴な上司の元で働くことになった女性の話です。
 パワハラ。
 「上司にそんなこと言われたら心折れるやろ……」
 「いや、そこで反抗しちゃあかんやろ……」と前半は胃が痛くなる内容ですが、
 ファッション雑誌の編集部が舞台なのでとにかく画面が華やかで魅力的なのです。
 オシャレに無頓着だった主人公がだんだんと垢ぬけていくのも、シンデレラ・ストーリーの
 ようで心ときめきます。この作品に限らず、画面が華やかな映画には惹かれます。
 趣味程度とはいえ文章を書く者として、視覚的な美しさを上手く文章で
 表現したいのですが、技量が足らないようで平凡な表現になってしまうのが悩みです。
 むずかしい。

 ……文章にまとまりがありませんね!
 でも、いい映画なので観ていない方はぜひご覧になってください。
 田浦ぼたでした。



スポンサーサイト
Category:映画 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

子供っぽいけど子供っぽくない  千代坂楽

2014.05.01 Thu
どうも初めまして、二年の千代坂楽です。
ブログの記事を書くのは、ア○ーバで遊ぶついでに始めたブログ以来です。

今回のテーマが「記憶に残る作品」ということですが、いざ書く内容を考えたときにパッと出てきたのはこれです。
「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」
本当に私は大学生でしょうか?
まぁ、私のことはゴミ箱にでもポイッとしておきましょう。

ドラえもん、サザエさんに次ぐ日本の国民的アニメである、クレヨンしんちゃんの映画です。
余程、アニメが嫌いって人でもない限り、みなさん1度は見たことあるのではないでしょうか。
この映画も少なくとも1,2回はテレビで放映されている作品です。

この映画は感動できる作品だという評価が多いですが、、、
今回その感動できる部分には触れません!

この映画で、私の記憶に残るもの部分というと物語の前半部分です。
見たことない人の為に、大雑把に前半の説明を3行でします。(間違ってる部分があるかもしれません)

全国で1番人気のテーマパークに遊びに行ったしんのすけ一家
後日、テレビで奇な放送が流れ次の日には町から大人が消える
テーマパークに大人たちが行ったのでは?としんのすけ率いる春日部防衛隊がテーマパークへ向かう

こんな感じでしょうか。
私が一番魅力に感じる部分は、しんのすけ達が大人を探して町を探索するといった部分ですが、大人のいない何をしてもいい空間といったものに私はとても開放感を感じます。

時間の都合上、短いですがこんなものとなります。

Category:映画 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

映画のお勧め とおり

2011.04.29 Fri
こんにちは、連絡係を務めることになりましたとおりです。今年度もよろしくお願いします。
今回は、『英国王のスピーチ』という映画を紹介したいと思います。

この映画は、うまく話すことができないという吃音障害を抱えた英国王ジョージ6世が、言語聴覚専門のオーストラリア人ライオネルと友情を育みながら、吃音障害を克服していくというストーリーです。
ラストでジョージ6世は、ナチスドイツとの開戦直前という不安な情勢に揺れる国民の団結力を高めるため、9分間のスピーチに望みます。緊張し、強張るジョージ6世に「私に話しかけるようにスピーチすればいい」と話しかけ、スピーチの間、彼の前で発音指導を行うライオネル。ゆっくりと、時間をかけて国民に熱く語りかけるジョージ6世。二人の友情、そして、9分間の熱意あるスピーチに心を撃たれました。

大きな壁を前に、幾度か諦めそうになりながらも最後まで努力を続けたジョージ6世。様々な壁を抱え、悩んでいる人を励まし、奮い立たせるようなそんな作品だと思います。ラストだけではなく、ラストに至る過程、診療中のジョージ6世とライオネルのやりとりも面白いです。

そして、予告を観ればラストが明らかな作品であるにも関わらず、最後まで退屈することなく、時には笑い、そしてハラハラしながら観ることができたという点でも良い映画だと思います。また俳優の面でも、ジョージ6世やライオネル、そして妻のエリザベスなど、どのキャラクターも違和感を感じることなく、すんなりと感情移入することができました。吹き替え版があるのか分かりませんが、もし観る機会がありましたら、字幕版で観ることをお勧めします。







Category:映画 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

P.S.アイラブユー なぎさ

2011.03.01 Tue
 お久しぶりです、なぎさです。
 (まったく意図していませんが)通常更新再開のトップバッターを務めさせていただきます!
 それにしても、3年ほどこのブログで記事を書いていると、何を書いたか忘れていくという…。
 今日映画館に行って「あ、攻殻機動隊の(3D映画の)チラシがあるー」と思ったので、攻殻機動隊について話そうかと思ったら、すでに取り上げていました。「なら、神山監督の作品について語っちゃる!」と思いましたが、ここで心変わり。
 最近観たラブロマの映画にします。


「P.S.アイラブユー」


 最愛の恋人を失ってしまった主人公。悲しみに浸る彼女に死んだはずの恋人から手紙が届きます。
 これだけならホラーですけど、ホラーじゃないですよ。
 内容は「誕生日おめでとう。今日は友達とおしゃれして楽しんで」や「僕の物を片づけてくれ。もうその時期だから」とか、いろいろと指示めいたもの。
 重ねて言いますが、ホラーじゃありませんよ。
 主人公は手紙の指示に従っていくうちに生きる活力を取り戻してきます。そして、最後の手紙を受け取ったとき、その手紙の送り主や真相?にたどり着きます。

 予告に惹かれて観たのですが、よくもまあ恋人の行動力がすごいこと。自分が死ぬ前に自分が死んだことをいろいろ手配していくのだから、思わず感心しました。旅行の手配さえもしてしまうのですから、「おまえ、マネージメントすごすぎるだろう(笑)」と。
 まあ、その行動も主人公を本当に愛しているからこそでしょうね。
 派手なアクションも山場もない…はずです。でも、ほのぼのしますし、ところどころくすりと笑えるので、息抜きに観るのにはいいのではないでしょうか。

 ではでは、けっこう大雑把な記事ですが、今回はこれにて。
 お読みになった方々、ありがとうございました。

Category:映画 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

はじまるよー!!

2010.01.06 Wed
新年始まるよー!!

始まっちゃったよー!!
勘弁してくださいー!!

まったくめでたくないよー!!






=あいさつ・謝罪=
新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
部員の方々から新年あけおめメールがきてたのに返信するタイミングを逃してしまいました。
保護して一生残しておくので許してくださいね。。


さぁ、一発目どうしようかと2、3分ほど考えましたが、何も思い浮かばないので普通にいきます。
今回紹介するのは映画です。

「美しい人」   こちらはロドリゴ・ガルシア監督による作品なのですが、この監督の名前を
聞いてティンときた人は私と趣味があいますね。そうです「彼女を見ればわかること」の監督です。
前回同様この「美しい人」もオムニバス形式の映画で15分ほどの作品が9つはいっています。

みなさんはどのような人を美しいと感じますか?スタイルが良い人でしょうか、顔が整っている人でしょうか、
心が清らかな人でしょうか。私はこの映画を見て美しいということを考えさせられました。美しいって
いろいろな形がありますね。それはまったくの第三者が見たら醜く、汚く、蔑まされるべきものなのかもしれませんが
当事者同士やそれを良く知っている人は美しいって感じることがあるかもしれません。
それを良く分かりやすく表している作品のように私は感じました。

 そしてその人たちの映し方がすばらしい。15分足らずの映像のどのカットを切り出しても絵画のように
素晴らしい見せ方をさせてます。内容だけではなくカメラワーク、そしてとっておきは女優さん達の迫真の
演技力です。それはロカルノ映画祭でそれぞれのエピソードの主演の女優達9人が最優秀主演女優賞を
取ってることでも分かります。
ぜひ春休み中にでも見てくださいね。ちなみに私は一番最後のエピソードがお気に入りです。



うみねこの新作を予約し忘れてめっちゃブルーになってるベレーでした。それでは
しーゆーあげいんはばあないすでい。。。。

Category:映画 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。