FC2ブログ

RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

航空支援担当のくせに白兵戦を語ってみる。詩雨

2011.12.23 Fri
どうもー既にピッカピカではなくなった一年生、詩雨です。
日付変わっちゃってますが更新させていただきます。
大丈夫、まだ12月22日の26時だ←

前々回、つまるところ私が最初に書いた記事で戦闘機について言及していたので、今回はミリタリーものに欠かせない陸軍について語りたいと思います。
まず最初に言っておきたいことが、戦争においてもっとも死にやすいのが陸軍です。
白兵戦なんかを行えば生身の人間が生身の人間に銃弾を撃ち込むわけですから、兵士の死傷者は海空軍より多くなることでしょう
もちろん、大勢で船を動かす海軍は同じ船に乗った兵士は一連托生ですし、高度1万フィートで戦う空軍は撃墜されれば生きて帰るのは難しいです。
ですが、やはり掃いて捨てるほどの人員を、コスト的には一番安いライフルを持たせて戦わせるのが経済的な戦争です
文無しでは戦勝国でも滅べますから。
ともあれ、そんなわけで一番死と隣合わせの職業は様々なドラマを生みます。
自分が生きている間に、同僚が一体何人死ぬのか。
同僚が何人死ぬまで自分は生きていられるのか。
敵地のど真ん中で孤立し、司令部に見捨てられ、生き残り、陣地に戻ってみればスパイの嫌疑を掛けられる。
この辺が割と使い古されたネタでしょうか。

この手の話に一番大事なのは臨場感です
主人公は生きているのに同僚が次々と死んでいく、その生々しさと、
ほんの些細な行動の違いが生死を分けるギリギリの緊張感、
僅かなうちに切り替わる息もつかせぬ疾走感。
それがしっかり描けている作品がミリタリーアクションの醍醐味と思います。

スポンサーサイト
Category:ゲーム | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

カテゴライズの理由は追記にあり。 詩雨

2011.06.23 Thu
どーもーお初です。
新入生航空支援担当の詩雨です
恐らくボケ担当←
なぜ航空支援かというツッコミは不要です
以下を読んでくだされば嫌でもわかります。

さて、今回は私がこだわるジャンルについて言及させていただきたいと思います
私が好んで読み書きしたいストーリーは空戦を主にしたものです
ようするに戦闘機が出てくるお話ですね
思えば初めて完成させた物語が戦闘機モノでした
滑らかな流線型、シャープなシルエット、抜群の速度感、生死を賭けたドッグファイト...
私が一番好きな機体はYF-23GrayGhostですね
ロッキード社製で、試作機が二機作られただけでお蔵入りになってしまった戦闘機です
現在の最新鋭戦闘機F-22Raptorと性能ではほぼ互角、パイロットからの評価ではYF-23の方が良かったと言われる機体なのです
独特のひし形の翼に平べったいボディ、斜めに突き出した2枚の尾翼。
悶えれるレベルで好きです。。
試作機ということで、具体的なスペックはあまり決まっていなかったようで、武器を格納する機能は実装されなかったようです。
そんな期待が詰まった機体を前にもうどうすればいいってんですk(殴

ともあれ、当時の私では、まったく技量の足りない稚拙な文章になってしまいましたが、ある程度知識を蓄えた今なら手に汗握る空戦が描ける気がします
私が書く空戦モノでは善悪の境界が曖昧に設定してあります
いわゆる悪役が存在せず、自分の思想を叶えるには善にも悪にもなる。そんなストーリーを目指してます
実際の人間社会ではありふれたことですが、小説の世界でそれをやるとどうにも読みたくなくなるような重苦しい話になりがちです
それをいかに泥臭くしないか、フレッシュに書くかが今後の課題だと自分で思っております
「事実は小説より奇なり」と、いう言葉がありますが、ゆえに事実とは苦しいもので、辛いものなんだと思います
事実よりは奇ではない、小説らしい奇を持ってこれからも執筆を続けるとします

Category:ゲーム | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

華麗に天使を撃ち落とせ なぎさ

2010.07.01 Thu
 本当にごめんなさい! 最初から平身低頭ななぎさです。いや、今回は最後までこんな頭下げっぱなしで。
 だって、更新〆切破ってるし。え、原稿〆切? そこまでツッコまないで、お願いだから。
 とにかくブログ更新を……と言っても、最近忙しくてオススメできるようなものが見当たりません。そう言いつつも暇なときにやっているゲームが1つあるので、それでも紹介しますか。


 BEYONETTA(ベヨネッタ)


 PS3もしくはXbox対応のアクションゲームです。ちなみに、私はアクションゲーム苦手です。やれて「ゼルダの伝説」くらい。あれも途中までですし。
 もとはXboxのゲームでそれをPS3に移植したので、画質はXboxが上だと言われています。PS3の私はよくわからないけど。

 主人公は20年前まで湖底に眠っていた魔女ベヨネッタ。彼女は両手だけじゃなくて両足にも銃を装備して、見事な体術と強大な魔力を用いた召喚術で、天使たちを狩っていきます。
 オススメはしますが、プレイなさる方にはいくつか注意点が。

①ストーリーに期待しない
 まあ、どこかふざけたストーリー展開ですので、あまり細かく考えてついていけないと思います。私なんか「ああ、こういう話なのかw」と割り切ってプレイしてます。「ありえないだろ、これw」とか軽いノリでプレイするのが一番よろしいかと。

②「初見殺し」を覚悟する
 このゲーム、バトル以外の場面でもいきなりボタン入力が出てきます。しかも、悪いことにそれでゲームオーバーになることも多々…。初めてプレイする方はゲームオーバー覚悟で「2周目に活かしてやる」とかいう心づもりでいたほうが、精神衛生上いいと思います。
 最初から、完璧目指しちゃダメ。

③連打が多い
 なぜか、アクションゲームなのに連打が多いです。アクションゲームをほとんどやったことがない私が言うのもなんですけど。ただし、ボタン連打するとボーナスがもらえますので、損ばかりではない…はず。

④アクションゲーム以外の要素もあります
 なぜか、アクションゲームなのにシューティングの場面があります。しかも、後半になって。
 うーん、これも割り切ってくださいとしか言えません。

 「叩いてばっかりでオススメじゃないじゃないか!」と思ったあなた。確かに問題点も多々ありますが、なぜかここ最近やっているのですよ、私は。現在3周目。
 次からはようやくオススメを申し上げます。

①音楽
 音楽はいいです。「Fly Me to the Moon」のアレンジを始め、バトルのテンションを盛り上げるような曲が満載です。また、これはちょっとずれますが、CVが英語なのも雰囲気が出ていていいと思います。ヨーロッパが舞台なので当然といえば当然なのですが。

②バトルシステム
 ベヨネッタでは敵の攻撃をぎりぎりで回避することで「ウィッチタイム」というものが発動します。これは発動すると、一定時間ベヨネッタが超高速で行動できるようになります。と言っても、「ベヨネッタが高速になる」のではなく、「周囲の動きが遅くなる」ので操作しづらくなることはありません。もちろん、「ウィッチタイム」発動中は敵は基本的に無防備ですし、飛んできた火球なども跳ね返すこともできます。
 また、回避する際に攻撃ボタンを押しっぱなしにすれば、コンボが切れることもありません。
 よって、ベヨネッタでは敵の攻撃を華麗によけて攻撃する、が基本になります。

③アクションがカッコいい
 両手両足に拳銃っていうのが斬新でカッコいいと感じています。2丁拳銃も憧れるけど、それ以上。で、ベヨネッタはまるでダンスをしているように天使を撃ち落としていきます。
 ムービーのアクションなんか無駄にカッコよくていいです。

④無駄に作り込んでいる
 ええ、ベヨネッタの衣装とか、モーションとか、武器とか、キャラの性格やら動きやら、もう「そこに力入れるかよ!」と突っ込みたくなるくらい変に作り込んでいます。もちろん、いい意味でですよ。


 たぶん、私がなんだかんだ言いつつ3周目もプレイしているのは②が大きいのではないかと思います。敵の攻撃をよけて「ウィッチタイム」中に無防備な敵に攻撃を叩きこむのが快感なのです。プレイし続けていると「ああ、うまくなったな」と実感しやすいですし。
 あと、マイナスポイントのはずの①も何気に重要なのかも。作り込まれたストーリーはまとめてやりたくなって、あまり気軽にやれません。けれど、おちゃらけたストーリー展開だと息抜き感覚でやれます。軽い気持ちでやれるのもウリではないかと思いますね。
 ただ、難易度によっては軽い気持ちでやったら死ねるのもあると思いますが。
 ベヨネッタの衣装とか武器とかはおまけ。それもちょっとそろえたくて、やっていますが。


 まあ、こんな感じです。なんか、長々となってしまいました。すみません。
 では、ごきげんよう。次回紹介するもの、何か見つけてこなきゃ。

Category:ゲーム | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ファンタジーライフについて その2    二十日

2009.12.08 Tue
 Laba diena! 前2つの記事が奇しくも「10」つながりでスタートしているのに自分はその絡みが思いつかない不審者、二十日ススキです。10、ねぇ……。あ、今日買い物で10円玉使いました! それも2枚も! うん。これで「10」縛りはクリアーですね(たぶんムリだ)。

 えーっと、今回はタイトル通り「ファンタジーライフについて その2」です。「その1」がどこにあったかと言いますと、まさかの6月1日。間を置きましたが、ふと思い立ってvol.2を書くことに致しました。「その1」と書いておいて一発こっきりの記事とか、よろしくありませんからね。なんとなく。
 とゆーことで、今回も「その1」同様、自称「ほのぼの系無料オンラインRPG」である『マビノギ』をご紹介したいと思います。前回の内容はhttp://tgubd.web.fc2.com/top-on.htmlに載ってますので、もし宜しければご覧下さい。前回はザ~っと全体について語っているので、これから(あるいは今回)は内容について語っていきたいと思います。今回は写真多めで、記事を水増ししてみましょう。


 「その1」でも言っておりますが、『マビノギ』ではできることがたくさんあります。なので今回はその一例として、
挨拶

 この人……というか私の日常を紹介してみたいと思います。
 まずその1。ゲームの世界に入ったら、時間さえあれば最初にやることがあります。それは、
バイトスクロール
 アルバイトの受注。CMでも頻繁に言ってたりしますが、このゲーム、日雇いアルバイトがやたら豊富なのです。それも写真のような物品配達をはじめ、タマゴの採集など平和的な内容がほとんど。いかにもゲームらしい(?)戦闘に関係するアルバイトは非常に少ないのです。なんというほのぼのライフ。このアルバイト、コツコツ重ねていけば日給が上がったります。実は下手に戦闘するよりもアルバイトを重ねた方がお金も経験値も溜まる……なんてことも、一応はあり得るのです。正直に言えば他ならぬ私も、戦闘に出て経験値を稼ぐよりも短い時間でかつ安全に稼げるアルバイトをよく利用しています。むしろアルバイトだけやってゲームを終えることすら時折ありますね。

 で、もちろんそれだけではありません。いくら「ほのぼの系」を謳っていても、戦闘はあります。と言うか「やれることが多い」と言っておいて、「アルバイトいっぱいできるよ!」なんてのは少しおかしい話です。それは「アルバイト系」です。ちゃんと戦闘要素もあります。私だって、
ダンジョン突入
 戦闘用の衣装(ヨロイも一応持っていますが、なんとなく服です)を着て、ダンジョンへとおもむきことだってあるんです。ここでもマビノギは多様です。私ではないプレイヤーさんのコメントをお借りするならば、マビノギの戦闘は「ただ攻撃するだけじゃ勝てない。タイミングや位置取り、魔法・攻撃・防御の的確な判断、総じてプレイヤー自身の強さが問われる戦闘」らしいです。「この戦術ならどの相手でもゼッタイに勝てる」というパターンも(おそらく)存在しませんしね。弱い相手なら、
戦闘風景
 1度の攻撃で倒せることだってザラです。でも強敵となると、敵ごとに違う戦闘方法で戦わねばならないのです。もちろん、その戦闘方法は「オススメ」はあっても「ゼッタイにソレじゃなきゃ勝てない」方法はありません。自由度の高いゲームですから、「あくまでもオススメは参考にして、自分だけの戦闘スタイルを組み立てる」というのだってアリです。と言うか、おそらくなんのかんの言って多くの方がそうしています。
 戦闘を繰り返し、こうして(プレイヤーの操作技術という意味でも)強くなることは、ゲームですから、とても大切なのです。……まぁ、私がダンジョンに入る理由なんていうのは、
草むしり
 ダンジョンの中に自生しているハーブを採集するため、だったりするのですが。そしてハーブを抜き終えれば、満足して私はダンジョンを出るのです。一応ダンジョンごとにいるボスを倒しは致しますし、ボスを倒すと「報酬部屋」なる場所で色々なアイテムが貰えるのですが……、そんなもの、ハーブの魅力に比べれば遙かに格下なのですよ。

 この「アルバイト」と「ダンジョンでのハーブ採集」の2つを無限ループするのが、私の日常だったりします。


 ……いい具合に記事も伸びましたし、尻切れトンボ感もありますがここらで筆を置きたいと思います。ここまで読んで下さった貴方に心から感謝の意を述べつつ、これにてこの記事を終了させて頂きます。この写真まみれの記事は「『ほのぼの系』と言っておいてほのぼの感がないから、『その3』があったら料理してる姿でも載せようかな」とか企む二十日ススキがお送りしました。

Category:ゲーム | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ゲーム好きな駄目な人の428

2009.09.10 Thu
はじめまして!駄目人間07号と申します。
どどうかよろしくお願いいたします。
なんていうかこのようなカタチで言葉で表現するのが私にとって初めての試みなので、若干焦っております。駄目ですねぇ。というわけで今回は短めで、、、
 

今回は最近買ったゲームについてご紹介したいと思います。チュンソフトというところからPS3用で9月3日に発売された「428」というサウンドノベルゲームです。428と書いて「シブヤ」と読みます。その名の通り舞台が渋谷なのです。サウンドノベルゲームとは、文章を読みながらゲームを進めていく上で数々のリアルな映像とサウンドが臨場感を出していく、みたいなものですが、私はこのサウンドノベルゲーが大好きで、この会社から出ているゲームをかなりやっています。おもに有名なのは「かまいたちの夜」シリーズなどでしょうか(これも神げーですが)。というわけでこのゲームが出るのをほんと待ち望んでました。最初この428はwiiで発ヴぁいされました。当時私は何故ウィだけでの発売なのか全く理解できませんでした。そのためwiiをそのソフトのためだけにこうぬうしようかどうか本気で迷っているぐらいでしたから。だから今回のPS3の移植には心底喜びましたとさ。
今はまだ途中なのですがかなり面白いです。さすがwiiソフトの人気度NO.1になっただけシナリオがすごいです。展開が全く読めない上に、急展開に毎度吃驚します。おすすめです。なので今回は428というゲームを紹介したいと思います。
さてそんなことを書いていたらまたやりたくなってきました。明日1時間目から授業で、夏休みの宿題の回収なのですがまだなんもやってない。。。今からやればきっと間に合うはずだが、
くそぅやりてぇ。、、ほんと駄目だなぁ

というわけで今回はこの辺で。それではまたノシ
                               1時間なら

Category:ゲーム | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。