FC2ブログ

RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

文芸同好会と嘘       二十日ススキ

2011.02.28 Mon
 お久しぶりですこんにちは。今回くらいは日本語であいさつしようと思った、二十日です。今回は普段通りの長文ですが、私が書く最後の記事となるので口調は若干改まって参りたいと思います。皆様、しばしお付き合いください。


 人間は嘘をつく唯一の動物である、という言葉がある。だが、果たして本当にそうなのであろうか。「嘘をつく」とは事実と異なる情報を他者へ与える行為ではないだろうか? 虫などが行ういわゆる「死んだふり」や、猫が自身の排泄物に砂をかけて隠ぺいする「存在痕跡の抹消」も、広い意味では「嘘をつく」と表現できるはずである。どちらも、事実ではない情報を他者に示す行為であるのだから。つまり、人間以外だって嘘をつく。私は動物行動学に明るくないため持論とも言えぬ暴論ではあろうが、私個人はそう考える。

 ただし、である。嘘の中でも特殊な動機の者は、おそらく人間だけが行っているのではないだろうか、そう私は思う。先の格言を真似るのであれば、「人間は、自己表現と娯楽のために嘘をつく、唯一の動物である」。どういう意味か。別にビックマウスのことではない。この「自己表現と娯楽のための嘘」こそが、文芸同好会で行う「小説などを執筆する」行為ではないだろうか。別に小説には限らない。舞台の脚本、漫画、ゲームのシナリオ、その他諸々のいわゆる「フィクション」を作り出す行為は、全てこの特殊な動機の嘘であろう。あたかも現実であるかのように、事実とは異なる情報を伝達する。その点は他の嘘と同じだ。だが、こちらの嘘は付く方も見る方も、ともにそれが嘘であることを承知している。騙すことが目的ではない、という特殊な嘘なのだ。無論嘘をつかない人間の方が多数派ではあろう。だが、種族全体を見て無視できない数の個体がその行為をとるために、種族の特色として挙げることは無理のない話ではないかと思う。

 自分がこの嘘をつける人間であることを、私は誇りに思っている。そしてその嘘を積極的につこうという集団――私の誇る行為を同じように楽しむ人々――こそが、この文芸同好会であった。だからこそ私はこの集団に属しこの集団と行動することを楽しんだ。その集団にいる間は、一日に一度嘘をつき、他の人々の嘘に驚いたり感心したりした。それは楽しい「嘘ばかりの日常」であった。可能であれば、会員1人1人に面と向かって礼を述べたいくらいである。

 ……ところでこの嘘は、同時に騙されるわけには行かない嘘でもある。娯楽のための嘘は、「これは嘘である」と双方が認識していなければ成立しないのだ。私も嘘をついたというのに信じられてしまい、己が嘘の判りにくさに反省しつつ「それは嘘だよ」を明かさねばならぬ状況が多々存在した。後輩諸氏は、可能な限りこのことを覚えていて欲しいと願う。先輩の言葉だから、権威者の言葉だから、知識人の言葉だから。そんな理由で思考を停止せず、全ての言葉に対し「娯楽のために(ないしは悪質なことに、他者を騙すために)ついた嘘ではないか?」と疑い、自身の知識やその当人の発言の流れから推測して欲しい。判断がつかなかった場合も、丸のみではなく自身の中で「ただし一部真実と異なる可能性はある」と注釈をつけて記憶しておいて欲しい。嘘をつく集団、文芸同好会であるからこそ、私は諸氏にその精神を持っていて欲しいと願っている。その一つの実践として、この記事そのものにも幾つか嘘をばら撒いておいた。友人同士でどこが嘘か検討してくれるのであれば、私としては幸いである。

 長い長い文章となってしまったが、そろそろ締めにしよう。この長い文章を読んでくれた皆様に、最大限の謝辞を。そして最後はこの言葉で飾りたいと思う。映画『不思議の国のアリス』(1901年 監督メイ クラーク)より、帽子屋の台詞だ。

 If you believe ALL, you are look-alike the blind. But if you don't believe ALL, it look-alike so too. (仮にだよ、仮に君が全てを鵜呑みにするって言うなら、そりゃ君、何も見えないも同然じゃないか。とは言っても、全てを信じないっていうのも同じなのだけれども。/字幕の訳より)



 この記事は、二十日ススキがお送りしました。

スポンサーサイト
Category:2010卒業生 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。