FC2ブログ

RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

猛暑より

2018.07.05 Thu
馬鹿みたいに暑い日々が続いております。
こんなに苦しいなら世界なんて滅びてしまえばいいのです。
皆さん、我がもとに集うのです。 

――とある同好会員の声明より



 などという書き出しから始まってしまえば、いつの間にか、この同好会はカルト教団となりまして、四年前に在籍なさっていた諸先輩方が見た暁には、何だこれと頭を抱えてしまうのでしょう、そんな具合です。実際何処からかテロルの啓蒙ビラを送り付けるというテロをされたり、赤い風が吹いていたりはするので、あながち間違いではないのかもしれませんが。

 さて、このブログが更新されるのは、四年ぶりになります。当たり前のように世代は動き、今ではかつてこのブログを更新なさっていた人は皆卒業していきました。過去の様々なエントリを読み返し、とりあえず何かを書かねばと思ったことからこの記事は生まれています。はじめまして、H30度文芸同好会会長、平成最後の会長を務めております『葱間 涼』と申す者です。
 
 今回のこの更新は、 何度も記述する通り、4年ぶりに成されるものとなります。それまで何していたのかと問われれば、何かしらしていたが何もしていなかったのかもしれないと、夏の暑さに浮かされたことを吐き出してしまいそうな、陽炎のようなものでした。
 実際には、このブログの存在をすっかりと忘却し、そして継承しないでしまったために起きたことではありますが、まぁ何はともあれ。机の奥底よりログインするための資格を手に入れたため、このようにして継承の儀が執り行われた次第です。

 ブログテーマですが、ぶっちゃけた話をすれば何もありません。四年ですっかり落ちぶれた政治について語ってもいいし、先輩の例に倣い、記憶の中の作品について語ってもよいのですが、まぁそれは追々なのではないかと思っています。とりあえず、文字を残しておきたい、ただそれだけが今回の目的です。実質、この記事は、最初の『馬』で終わっています。
 それでも何かを書くとするのであれば、これから先、このブログをなんとか活用したいと、そういった所信表明をするくらいでありましょうか。何を書くか、それはこれから決めていきますが、とにかくナニカを残してみたいと、そう思っています。
 
 長々と書きましたが結局のところ今回のエントリは単なるアイサツです。これから、形にしていければ、そう思っています。
 それでは、2018年の猛暑より、引き継いだ会長職の椅子の似合わない男でした。


そんなことよりみんな最近どう、ソシャゲ何してる? ワテクシはfgo
で爆死したよ(*^^)v



スポンサーサイト
Category:その他 | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |

一年で爺と化したらしい 高橋光太

2014.06.24 Tue
 お久しぶりです。一年生の方々には初めましてになるのかもしれません。あとがきが長いことに悪評のある高橋です。その節はたいへんご迷惑をおかけいたしました。
 ぼっちをこじらせ過ぎて話す相手がいないものですから、、文章にしたいことが多すぎて困ったものです。

 さて、後輩の皆さんがテーマとして書いてきている「記憶に残る作品」について私にもちょっと語らせてください。今回も長いのでここで一回切るよ。
 
 ダサカーット!


Category:その他 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

記憶に残る作品 『不思議な少年』

2014.06.13 Fri
皆さん、お初にお目にかかる。
私は神崎威高。好きなジャンルは海外文学。浅学ながらも小説家を目指している者だ。

まず、〆切に間に合わなかった事を謝ろうと思う。
物書きとしてはあるまじき行為だ。言い訳をするのは嫌なので、遅れたという事実を受け止めてこのまま記事を書かせてもらおうと思う。

記憶に残る作品は数多くあるが、その中でもこの度はマーク・トウェインの『不思議な少年』という小説について言及させてもらおうと思う。マーク・トウェインは『金ぴか時代』『トムソーヤーの冒険』『ハックルベリー・フィンの冒険』などで有名なアメリカを代表する作家だ。
『不思議な少年』はトウェインが20年にも渡り推敲を重ね、彼の死によって結局未完のままとなった小説だ。その内容は先ほど挙げた他の作品とは全く異なっている。
タイトルを冠する不思議な少年の名前はサタン。かの有名なサタンの甥である。彼は不思議な力を持って主人公たちを引っ掻き回していく。簡潔に言えばこのような作品だ。
上記の作品を読んだことのある人は作風が違うことに驚くだろう。ペシミズムと反キリスト教主義、人間不信に彩られたこの作品は、未完のということも相まって彼の小説とは思えないほど異様な仕上がりとなっている。

私は小説家にとって一番大事な感情は、『伝えたい』という事なのだということをこの小説から強烈に教えられた。
彼が20年近くもの間推敲し続けてまで伝えたかったものは何か。「書かずにはいられない、伝えずにはいられない。これをどうしても世界に伝えなければならない」。この抑えがたい衝動こそが作家の原動力なのだろう。
ひたすら人間をののしるような言動をとるサタン。彼の発言はすべてトウェイン自身の声なのだ。
最後の最後まで、トウェインは伝えるという事をやめようとはしなかった。その姿勢を見習い、私も伝えずにはいられない事を伝えるために作品を書いていこうと思ったのである。





Category:小説 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

え……!? 私の「記憶に残る作品」、多すぎ!?

2014.06.12 Thu
ドーモ、ブンゲイドウコウカイイン=サン。SPです。
未だに記事を書いていないのを思い出し、本日の活動が中止になったことを尻目に慌てて記事を書いてます。
なんたるウカツか! このままでは囲んで棒で叩かれることになる。かのミヤモト=マサシもそう言っている。
備えよう(切実)。

「記憶に残る作品」という訳で、何を選ぶか迷ったのですが、取り敢えず思い当たるものをずらっと並べてみることにしました。
◆小説
「ニンジャスレイヤー」シリーズ
「しゃばけ」シリーズ
「ハリー・ポッター」シリーズ
「キノの旅」「アリソン」などの時雨沢恵一作品全般
「IS―インフィニット・ストラトス―」シリーズ
◆ゲーム
「ルーンファクトリー」シリーズ
「GuiltyGare」シリーズ
「ロックマンDASH」シリーズ

他にも思い当たる作品がありますが、取り敢えずはこんなところですかね。
小説の中でも「ニンジャスレイヤー」シリーズは現時点でとても印象深い作品となっています。
何せアニメ化しますからね。「スゴイ」「アニメ化決定」「確実に人気です」
所々に混じっている言葉遣いも「ニンジャスレイヤー」シリーズからのインストラクションにて学びました。忍殺語重点。
「IS」シリーズも記憶に残る作品でした。えぇ、本当に。
同じ作者が手がける「放課後バトルフィールド」も記憶に残る作品です(良作とは言っていない)。
放課後バトルフィールド

ゲームの「ルーンファクトリー」シリーズは今でもプレイしています。
元々「牧場物語」シリーズが好きだったのですが、シュミレーション要素にRPG要素が加わったことに衝撃を受けました。
ストーリーが終わっても楽しめるゲームですのでお勧めです。※ただし1と2は除く
そして「GuiltyGare」シリーズ。ハイスピードな格闘ゲームです。コンボゲーの元祖と言っても差し支えないですね。
格ゲーは操作に慣れるまでが辛いですが、コンボ開発などしているとこれが案外楽しくてハマってしまいました。
最新作も稼働しているので是非プレイしてみよう!
GUILTY GARE Xrd

こんなところですかね。そういえば漫画を忘れていましたが、漫画は「ダイの大冒険」見ればいいと思います(適当)。
扱いづらい人間だとは思いますが、コンゴトモヨロシクお願いします。
カラダニキヲツケテネ!

Category:その他 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

目標:幽霊にならない

2014.06.02 Mon
初めまして。1年のむらっせという者です。
大学生活の思い出として何か残そうというぼんやりした動機で入りました。
とりあえず頑張って会誌は書きたいと思ってます。
さて、記憶に残る作品ですが、はやみねかおるさんの『都会のトム&ソーヤ』という小説を挙げます。子ども向けの作品なので漢字も難しくなくスラスラ読めます。純粋に読んでいて楽しいです。たぶんこれを読んでいた中学生辺りが現在に至るまでの読書のピークだったのだと思います。

短いですがこれにて失礼します。



Category:その他 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。